長時間睡眠はバランスを崩し、肥満の元?

長時間睡眠は睡眠バランスを崩してしまう?

総務省の「平成23年社会生活基本調査結果」によれば、日本人の平均睡眠時間は7時間42分だそうです。
過去25年間減りつづけての今の数字とのこと。
まだ7時間キープしてるんだなと、少しホッとしますね・・・

 

ナポレオンやエジソンは毎日3、4時間でOKという、いわゆるショートスリーパーだったようですね。
短時間の睡眠で、日中の仕事等に影響がないなら、ショートスリーパーは何となくかっこいいですよね。

 

でも普通の人が4時間睡眠を続けていると、たいていはカラダにガタがきます。
徹夜できない私などは、眠りの足りなさは呼吸困難や悪寒として自分に降りかかってきます。
やはり無睡眠や短時間睡眠は良くない…
なら長時間睡眠はどうなのでしょうか?

 

ロングスリーパーの代表選手はアインシュタインかな、毎日10時間睡眠をとっていたようですが、アメリカ・カリフォルニア大学の調査によると、長時間睡眠の方のほうが、短命リスクが高いようなのです。
睡眠時間が一日に6.5時間以下の方より7.5〜8.5時間以上の方のほうが死亡率が20%も高かった…そうで…

 

ちなみに、徹夜不能人の私は過去にたった一度だけ、26時間寝たことがあります。
そのときは、何となく、食事の仕度をし、食べて、結局2時間ほどでまた寝てしまいましたね…

 

実際のところは寝不足も寝すぎも、どちらも体に負担になり、脳の活動が鈍くなるといわれています。
「最低4時間半以上眠れば、十分疲れが取れる」
という説もありますし、
「そもそも睡眠は少し足りないくらいのほうが、次の機会により深く眠れる」
という見解の専門医もいるそうです。

 

考え方として2日間で10時間寝る!というイメージで睡眠時間を計算すると良いようです。

 

たとえば、一日目は3時間しか寝れなかったが、二日目は7時間寝た!

 

なんどの感覚で行くと体にもそれほど負担なく、次の日にも影響は少ないようです。

 

自然と実践している人もいる事から「寝溜め」という言葉が出て来るのだと思います。

 

 

 

睡眠不足は肥満を作る可能性が高い?

 

睡眠不足というと、眠れなくてふらふらして痩せていくイメージではありませんか?
ところが実際は真逆で、“睡眠不足は肥満を作る”というのが昨今の常識となっています。

 

なぜ睡眠不足が肥満のリスクを増加させるのか

 

まずシンプルな側面。
起きていると食べてしまうということがあります。
寝ている人は食べません。

 

故にカロリーは摂取されず、消費される一方です。
さらにアメリカ・シカゴ大学で行われた研究によると、
睡眠不足の時に人は、
お菓子などの甘いもの、
チップスやナッツなどの塩辛いもの、
パンやパスタなどの炭水化物、
を欲しがる傾向があったとのことです。

 

そういえばちょっとだけ夜食、なんて時に作ってしまうものって、カップ麺や焼きそばや、こってりめのラーメン…ですよね…
要するに手間がかからない簡単な食事をしてしま傾向がありますよね。

 

同じアメリカのコロンビア大学で
は、こんな研究が行われた

 

平均睡眠時間が7時間のグループを0とした場合、
6時間のグループでは23%、
5時間のグループだと50%、
4時間以下のグループだと73%も肥満度アップの確率が上がったというのです。
この数字、“つい食べちゃうから”では説明のつかない高さですよね。

 

実はそこにはホルモンの関与がありました。

 

睡眠時間が短いと、「レプチン」と「グレリン」という二つのホルモンの生成に乱れが生じます。
レプチンは脂肪を貯蔵する脂肪細胞が分泌するホルモンで、グレリンは胃から分泌されるホルモンです。
レプチンは脂肪細胞内の脂肪量に合わせ、代謝アップや食欲抑制の命令を脳に送る子で、グレリンは脳の視床下部に食欲増進と血糖値上昇の命令を出す子です。

 

睡眠不足になるとレプチン分泌量が減り、逆にグレリン分泌量が増えるのだそう。