良く寝れる快眠サプリで疲れを溜めない質の高い睡眠時間

快適な睡眠をとる為の食事

近年“眠りの質”を高めようと、寝具や住環境に気を配る方が増えています。健康的な眠りの為に、適度な運動を日々心がけている方も多いでしょう。しかし、「快眠の為に食べる」という考えは、それほど知られていません。実は普段の食生活も、眠りに深く関係しているのです。

 

眠りに良い食事とは、具体的にどのようなものでしょうか?快眠をもたらす、重要な栄養素を幾つかご紹介します。

 

まず挙げられるのが、必須アミノ酸の1つである“トリプトファン”です。トリプトファンは、快眠に欠かせない“セロトニン”と“メラトニン”の生成に関わる物質です。トリプトファンが豊富な食品は、乳製品(牛乳やチーズなど)や肉類・魚類・大豆・卵など。さらに、バナナやアボカドなどにも含まれます。

 

また、睡眠を促進するメラトニン自体を多く含む食品もあります。大豆や小麦の他、人参・大根などの根菜類や春菊・カイワレ大根などです。

 

自律神経を整える“ビタミンB1”、体内時計を整える“ビタミンB12”も、眠りに良い影響を与える栄養素です。ビタミンB1は豚肉や玄米・うなぎなどに、ビタミンB12は肉類や魚類・大豆製品などに多く含まれています。

 

さらに、疲労回復作用のある“硫化アリル”はニラやネギ類・ニンニクなどに、神経の興奮を抑えてくれる“ギャバ”は玄米・トマト・アスパラガスなどに豊富です。“カルシウム”も、不眠の原因であるイライラ解消に役立ちます。

 

これらの栄養素を含む食品は、快眠の手助けをしてくれます。身近な食品ばかりですので、ぜひ毎日摂れるように、献立を工夫しましょう。どうしても栄養素が足りないと思う方は、サプリメントで補うことも一案です。

 

栄養バランスのとれた食事の他に、快眠の為には「食事をいつ食べるか」も大きなポイントです。基本は、毎日同じ時間に食事を摂ること。食事時間がバラバラだと、生体リズムを崩す原因になってしまいます。朝ご飯を抜くのはNG。そして、晩ご飯は眠る2〜3時間前までに済ませるのがベストです。

 

お酒をきっかけに睡眠に入るのも、体のリズムを崩す原因の一つといわれています。

 

時々ならばそれほど気にする事はありませんが、毎日お酒を飲んで、酒量もかなり多いと、お酒なしでは眠れなくなってきます。
本来の眠気は、一日の疲れから自律神経が副交感神経に、だんだん偏りを作る事で眠気が起き寝付きますが、お酒でこのキッカケを作ってしまうと、自律神経もそのような癖を覚えてしまい、お酒を飲まないと眠れなくなる!という状態になってしまいます。
これはある意味、睡眠障害なので気を付けなくてはいけないですね。