良く寝れる快眠サプリで疲れを溜めない質の高い睡眠時間

音楽で寝つきが変わる

赤ちゃんを寝かせる時に歌う、子守歌。優しいメロディーと誰かが側にいる安心感で、赤ちゃんはリラックスし、自然に眠りへと引き込まれてしまいます。今ではちょっと古臭いイメージの子守歌ですが、実は科学的にも寝つきを良くする効果が確認されています。

 

子守歌を例に挙げたように、不安感を解消し緊張をほぐす為にも、音楽を聴くことはとても有効です。人がリラックスしている時はα波、緊張している時はβ波という脳波が出ますが、心地良い音楽は脳波をα波に切り替えるのに役立ちます。

 

では、人がリラックスできる、心地良い音楽とはどんなものでしょうか?
イージーリスニングやヒーリング音楽というジャンルもありますが、何を心地良く感じるかは人によって違います。無理をしてクラシック音楽を聴いても、それに堅苦しさを感じてしまったら、リラックスはできませんよね。

 

聞き慣れた好きな音楽なら、ホッとできてリラクゼーション効果が高まります。ただし、いくらロックやポップスが好みだとしても、アップテンポで刺激が強い曲はNG。快眠のポイントは、眠る前に心拍数を落ち着かせること。比較的単調で、スローテンポの曲がオススメです。

 

寝る前にどんな音楽を選ぶかも大事ですが、聴き方にもコツがあります。
まず1つ目のコツは音量です。ボリュームが大きいと、どんな音楽も刺激になってしまいます。ですから、心地良く眠る為には、歌詞が分かるか分からないかくらい音量を下げましょう。

 

2つ目のコツは、音楽を聴く時間です。音楽を流し始めるのは、眠りたい時間の30分くらい前から。聴く時間は、長くても1時間くらいにしましょう。さらに、毎日同じ音楽を流すことで、脳が「この音楽を聴くと眠る時間だ」と認識するようになります。音楽をかけると、自然に眠たくなる習慣がつくのです。

 

そして3つ目のコツは、音楽を聴く間は全身を休ませること。いくら穏やかな音楽をかけていても、パソコンやスマホを見たり、家事や筋トレを行っていては、リラックスはできませんよね。眠る前の音楽をかけたら、もうその日にすべきことはただ1つ。ぐっすり眠ることだけです!