不眠による大きな病気

寝不足と大病の関係

という切り口で調べていたら、何か不穏な記述ばかりが目に入ってきました。
いわく、

 

“慢性的な不眠症に悩んでいる人の約三分の一から半数近くは、何らかの精神障害を抱えているといわれています”

 

そうなの!????
そんな話聞いたこともないわ!!!
しかもこの項目、
『不眠症からなる大きな病気』
なのに、それで引いてるのに出てくるのは
『不眠症になる病気』
みたいで、
精神生理性精神病
↑神経質な性格の性格を持ち、完全主義傾向が強い人に多くみられるもので、たいていの人が一過性でとらえる寝付きの悪さを病の域まで突き進めてしまう。
『うつ』
↑ほとんどの場合に不眠がみられる。
うつの重症度と不眠症の重症度は相関している。
『PTSD』
↑心的外傷後ストレス障害。
災害や事故、犯罪被害などが心の傷となるもの。
長期間にわたって何回も、強い不安感や恐怖心を伴って起こる。

 

とここまで書いてあって、

 

治らない病気ではないから症状が悪化する前に、早めに専門医に相談しましょう。

 

となっていて、そのあとの項目は、不眠症を軽減する漢方やサプリメント等の紹介でした。
ビビらせて売るのはよくない気が…

 

ちなみに別の
『不眠症になる病気』
では、
高血圧/糖尿病/認知症/脳卒中/頭痛/腰痛/関節リウマチ等痛みを伴う病/強い痒みを伴う病/ホルモンの異常
等が上がっていて、心の病への警鐘ばかりが強く言われる感じはありませんでした。

 

 

 

そもそも睡眠は自律神経で血流を整えて体の休息を計るわけですから、しっかり取れなければ体に何が起きても不思議ではないですよね。
だから眠りたいんだし、良い睡眠時間を取りたいわけで・・・

 

とグチっぽくなってしまいましたが一つの解決策としてはやはり睡眠をとる事が、長い目で見ても体の健康にはプラスになる事から、
睡眠不足=大病という形ではなく睡眠=健康
としてとらえる事が大切です。

 

長い目で見ても睡眠をとれないから、導入剤のデパスやマイスリーなどに頼ってしまうとそれなしでは寝れなくなり、薬で一番怖い長期の服用が起きてしまいます。

 

この状態がまさに大病に繋がってしまうと免疫学の教授関係の人達は強く訴えているのだと思います。

 

出来るだけ健康の邪魔にならないハーブティーやアロマオイルなどで、睡眠問題を整えてあげる事が先に繋がる考え方ですよね。