良く寝れる快眠サプリで疲れを溜めない質の高い睡眠時間

空腹時は寝つきが悪い

美容・健康の為に、晩ご飯を控えめに済ませる方もいらっしゃいますね。「夜に食べるとそのまま脂肪になるから」という風に、体型を気にするケースが多いと思いますが、実は、夜に摂る食事を軽めにすると眠りにも良い影響を与えます。

 

というのも、晩ご飯を食べ過ぎてしまうと、寝つきが悪くなるからです。消化をする為に胃腸が一生懸命働きだすので、食後すぐに横になっても身体が休まらず、その結果、眠りの質を下げてしまうのです。

 

「たくさん食べると眠くなるけどなぁ…」と疑問に思う方も少なくないでしょう。確かに食後の仕事や勉強は、眠気に邪魔されることもありますよね。

 

しかしこれは、食べ物を摂取した後の身体が消化機能に集中する分、脳への血流が一時的に減るからです。“満腹感”が“快眠”に繋がるわけではありません。

 

快眠を目指すなら、晩ご飯の食べ過ぎや眠る直前の食事はNG。理想は、胃に何もない状態で眠ることです。

 

だからといって、お腹が空き過ぎても眠れませんよね。ひどい時には、空腹で夜中に目が覚めることもあります。空腹の状態が、眠りの妨げになるのは何故でしょうか?

 

よく“満腹中枢”という言葉を耳にすることがありますが、それに対して摂食を促す“空腹中枢”という神経中枢も存在します。空腹になって空腹中枢が刺激されると、脳が「食べ物を食べる」ように指令を出します。この指令は生命を維持する為にも非常に重要で、時に人を眠りから覚醒させるほど強いものなのです。

 

あまりにも空腹で眠れないのは、いわば生理現象。ですから夜中の空腹に抗って、ずるずる眠れない時間を過ごすよりは、無理をせずに少し口にすると良いでしょう。そんな時は、牛乳や果物、クラッカーやシリアルなど、あまり消化に負担のかからないものを。もちろん、量は少なめに!