良く寝れる快眠サプリで疲れを溜めない質の高い睡眠時間

早起きで睡眠バランスを整える

昔から「早起きは三文の徳」と言われています。この諺では、“徳”はお金を示していますが、早起きする“徳”は実にたくさんあります。

 

まず、早起きをすると睡眠バランスが整えられます。

 

朝起きてから太陽光を浴びると、寝つきを良くする“メラトニン”が約15時間後に分泌されるようセットされます。夜が近づくとメラトニンの働きが活発になり、身体は眠る準備を始めるのです。就寝時間になっても眠気を感じないという方は、朝の光を浴びて眠りやすくなる時間を補正しましょう。

 

早起きをして朝ご飯をしっかり食べるようになれば、さらに眠りの質を高めることにも。1日の中でも朝ご飯は特に重要で、朝の栄養摂取が体内時計の調整に強い力を発揮するのです。体内時計が正常に働けば、快眠をもたらすだけでなく、脳や身体の機能もスムーズになります。

 

また、早起きは肥満予防にも繋がります。夜に長く起きている分だけ、お酒や食べる量は増える傾向にありますが、夜はあまりエネルギーを消費しません。そして、就寝前の飲食は寝つきを悪くする原因に。この悪循環を断つ為にも、早起きは効果的なのです。

 

では、実際に早起きを習慣化するには、どうすれば良いでしょうか?

 

まずは、夜にしている作業を朝の時間帯に移行しましょう。例えば、眠る前にしていた家事や趣味などを、早起きしてできた時間に行うのです。同じ作業でも朝に行う方が効率的ですし、何より眠りの妨げになる行動を排除できます。
そして、早起きをして得られた満足感を貯めることです。人によって異なりますが、「勉強がはかどるようになった」、「便通が改善した」、「肌の調子が良くなった」など、早起きがもたらすメリットを実感すれば長続きするでしょう。

 

ただし、無理をしないことも大事です。夜型の方がいきなり朝型の生活スタイルを始めると、睡眠不足になることもあります。もしも、早起きのせいで寝足りなくなる場合は、昼寝など補助的に睡眠をとるように工夫しましょう。