良く寝れる快眠サプリで疲れを溜めない質の高い睡眠時間

ハーブティーで快眠を誘

寝つきを良くするには、就寝前に心身をリラックスさせるのが肝心。
ですので、覚醒作用があるカフェインを含んだ飲み物はNGです。
特に寝つきが悪い方は、夕方以降のコーヒーやお茶(緑茶・紅茶など)・栄養ドリンク類は避けましょう。

 

眠る前の飲み物としてオススメなのは、ハーブティーです。
ハーブティーの多くはノンカフェイン。ハーブに含まれる成分だけでなく、その香りでも気持ちを緩やかにする効果が期待できます。

 

ハーブティーの代表格であるカモミールは、昔から西洋で不眠症の改善に有用されてきました。リラックス効果が高く、また、身体をじんわりと温める作用もあるので、眠りにつきやすい状態へと導いてくれるのです。

 

香水として有名なラベンダーにも、安眠効果があります。精神を安定させる作用があるラベンダーティーは、ストレスやイライラを和らげてくれます。緊張や不安を感じて眠れない、という方に向いています。

 

そして、リフレッシュや眠気覚ましにも使われるペパーミントも、実は快眠の味方です。ペパーミントの特徴である爽やかな香りには鎮静効果があり、心をリラックス状態にしてくれるのです。

 

他にも、ローズヒップやレモングラス、オレンジピールやリンデンなど、安眠に良い影響を与えるハーブは色々あります。ぜひ、お気に入りのハーブティーを見つけて、普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

もしかすると、「ハーブ独特の味が苦手」という方もいらっしゃるかもしれませんね。ハーブティーを飲み慣れていない場合は、まず味を薄めに調整して試してみてください。
また、ハチミツや牛乳を足すなどして、好みの味付けにしてみても。複数のハーブをブレンドすることで、飲みやすくなる場合もありますよ。

 

ただし、ハーブティーが安眠に良いと言っても飲み過ぎは厳禁です!利尿作用が強いハーブもあるので、眠る前は1〜2杯にとどめましょう。

 

ハーブは別名「西洋の漢方」といわれている、立派な薬草になります。

 

漢方もそうですが、人に合う合わないがが存在し、副作用も薬害ほどではないですが、しっかりと存在します。これはハーブも同じことが言えます。

 

販売されているものではそれほど強いものはありませんが、葉っぱから直接落として飲むハーブティーなどはかなり強い傾向がありますので注意が必要です。

 

眠る前にはハーブティーを

 

私は学生時代から不眠気味で、市販の睡眠導入剤を時々服用していました。でも薬に頼らず、自然に眠れるようになりたいと思っていました。

 

そこで私が始めたのは、ハーブティーを飲むことでした。生活を見直してみると、自身の1日のカフェイン摂取量が高いことに気付いたからです。仕事をしている日中はコーヒーを4〜5杯。さらに、晩ご飯の後から寝る直前まで緑茶を飲んでいました。
寝つきを良くする為にも、コーヒーの量を控え、晩ご飯後の飲み物はカフェインの量が少ないほうじ茶や玄米茶に切り替えました。そして、眠る前にはハーブティーです。

 

安眠効果の高いカモミールと、好みである柑橘系のレモンバームを試しました。

 

カモミールティーは当初、あまり好きではなかったのですが、自宅で育てているミントの葉を入れたり、牛乳を足したりして、徐々に味に慣れていきました。
以前はチョコレートを夜に食べていましたが、今では夜に甘いものが欲しくなった時は、薄めのカモミールティーにハチミツを溶かして飲んでいます。
寝る前に温かい飲み物をお腹に入れるので、体が内側から温まり、ホッとできます。

 

ハーブティーは香りも良いので、リラックス効果も実感しています。飲むだけでなく、ハーブティーを淹れる行為自体を、私の眠る前の大切な儀式として楽しむようになりました。

 

眠る前にハーブティーを飲み始めてから2週間程ですが、今は夜になるとちゃんと眠気を感じるようになりました。夜中に起きることもなく、朝までぐっすり眠れます。薬を使っていないので、寝起きもスッキリしていて、気持ちよく朝を迎えられます。

 

ちなみに、カフェインを減らすように心がけてから、立ち上がれないくらい痛かった生理痛が随分と軽くなりました。眠り以外にも、良い変化を感じられてとてもハッピーです。