良く寝れる快眠サプリで疲れを溜めない質の高い睡眠時間

抱き枕は効果的?

寝具の中でも、枕は特に重要なアイテム。人の頭の形や大きさは同じではない為、個人によって適切な枕の高さや構造が異なります。「起きた時に首や肩が痛い」「睡眠時間は十分なのに疲れがとれない」という方は、枕が合っていないかもしれません。

 

眠りの質を高める為にも、自分にピッタリな枕を使うようにしましょう。

 

さて、枕は枕でも“抱き枕”という寝具もありますね。使ったことがない方が多いかもしれませんが、抱き枕は“ボディーピロー”や“補助枕”とも呼ばれ、眠りをサポートする機能的なアイテムです。

 

抱き枕を使うメリットは、まず、何かを抱いて寝ることで得られる安心感です。人は抱きしめたり、抱きしめられたりすると、脳内から“セロトニン”を分泌します。睡眠に欠かせない物質であるセロトニンは、ストレスを解消し、心をリラックスさせる作用もあります。子供がぬいぐるみを抱いて寝ると、寝つきが良くなるのも同じ原理です。抱き枕は、緊張やストレスが原因の不眠に効果的なのです。

 

そして抱き枕には、寝る時の姿勢や寝返りをサポートする機能もあります。

 

寝つく時の姿勢は人それぞれ。好きな姿勢でリラックスできる点は良いのですが、横向きやうつ伏せの場合は身体の一部が圧迫され、呼吸もしにくくなる可能性があります。抱き枕を使うと、身体にかかる負担が軽減され、呼吸も楽になるので、眠りやすくなるのです。
また、人は1晩に30回ほど寝返りを打ちますが、良質な眠りに寝返りは必須。寝返りは身体の歪みを整え、血液やリンパ液などの流れを良くし、体温調節にも役立ちます。抱き枕を活用することで寝返りを打ちやすくなり、朝まで熟睡できるようになります。

 

枕と同じように、全ての抱き枕が合うというわけではありません。やはり抱き枕にも相性があります。様々な形や素材があるので、自分の癖や好みに合うタイプを探してみては?抱き枕で、眠りがより快適になるかもしれませんよ。