良く寝れる快眠サプリで疲れを溜めない質の高い睡眠時間

睡眠不足で悩んでいませんか?

寝つけない

寝ている途中で起きてしまう

仕事中眠くなる

 

身体が疲れているのに寝付けない!そんなお悩みおもちですか?

 

仕事で疲れているのに布団に入ると寝付けなくなる
何とか眠ることはできたけどすぐ起きてしまう
夜になると目が冴えてしまう

 

毎日の事だからなんとなくそのままで生活してる・・・
そんな方はとても多いはずです。

 

病院にいって睡眠薬・睡眠導入剤などもらって飲まないと眠れない!

 

健康のこと考えると飲むのが怖い!

 

朝起きても疲れが取れない!

 

睡眠が上手く取れないと毎日の生活に必ず影響を与えてしまうほど、睡眠とは生活習慣の中でとても大切な時間になります。

 

しかし、わかってはいるけど解決策が分からず悩んでる!あるいはいろいろ試したけど改善されない!

睡眠研究のスペシャリストがサプリメントを作っていたら!

「ネムリス」は、筑波大学・裏出教授監修の睡眠時脳波検証で国内で初めて科学的効果を発見した休息サプリメントです。

 

「3日目に実感」「30日後には確信」というキャッチコピーがあるように、飲み続ける事で効果を実感できるサプリです。

 

しっかり寝ているのに目覚めがスッキリしない
睡眠導入剤など薬を飲むのがこわい
寝ていてもすぐに起きてしまう
熟睡・快眠を求めている

 

こんな方たちには薬を飲むよりかは、かなりハードルが低くチャレンジできるサプリメントだと思います。

 



配合されているハーブも12種類のリラックス効果の高いもので

  1. ラフマ葉抽出物
  2. グリシン
  3. GABA酵素
  4. トリプトファン
  5. テアニン
  6. クワンソウ
  7. メリッサエキス
  8. 月見草
  9. ビタミンC
  10. ビタミンB6
  11. ビタミンB12
  12. ナイアシン

 

なかでもラフマ葉はリラックスする成分で特許を取ってこの成分が快眠に効果を発揮してくれます。

 

毎日続けて飲む事をテーマにしてあり、薬よりも安心して体に負担をかけないように作られている事から配合成分は天然素材を厳選してありリラックス効果を高めます。

 

なんっといっても裏出教授です。

 

裏出教条のオフィシャルページ
http://urade.wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/ja/

 

筑波大学分子生物学研究室教授であり筑波大が積極的に行っている産学連携といって、大学が研究してきた成果を民間企業と連携して商品化していく活動で近畿大マグロなんかは有名でテレビで取り上げられていましたね。

 

これはすばらしい事だと思います。大学で莫大な費用をかけて研究した成果が、私たちにわかりやすい形で商品や成分に出て来てくれるのですから、企業側が行なう研究は研究=商売なイメージが強くなってしまいますよね(あくまでもイメージですが・・・)

 

ですが大学が研究する場合は、研究=成果のイメージですからね。お金の匂いがあまりしませんよね^^

 

そういう意味で肝心な安全性+効果+信頼というポイントを考慮しても安心してチャレンジがしやすい商品だと思います。

 

快眠・目覚め実感率92%

快眠熟睡サプリメント

 

快眠サプリ

ネムリス


 
主な成分:ラフマ葉抽出物、グリシン、GABA酵素、トリプトファン
テアニン、クワンソウ、メリッサエキス、月見草、ビタミンC
ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシンなど
 
夜ぐっすり、目覚めスッキリ!!|ネムリス-nemlis

Dr‘sラフマ葉GABA

 

主な成分:ラフマ葉、クワンソウ、カミツレなど
 

 
 
翌朝のすっきりに【Dr'sラフマ葉GABA】

 

テアニン快眠粒

 

主な成分:L-テアニン
 
 
 
機能性表示食品『テアニン快眠粒』

GOODNIGHT27000

 

主な成分:ミルクペプチド、ラクティウム、テアニン、ラフマ
グリシン、カモミール、ギャバ、トリプトファンなど
 
 
GOODNIGHT27000

睡眠障害はセロトニンが不足?

今さら確認することでもありませんが、1日の長さは24時間です。これは地球の自転周期に関係しています。

 

ところが、人がそなえている体内時計は24時間ではありません。体内時計のリズムは人それぞれ。23時間の方もいれば、25時間の方もいらっしゃいます。

 

つまり、人は日々、地球の自転周期と自分の体内時計のズレを修正しながら生活をしているわけです。この体内時計の修正に、大きく影響している物質が“セロトニン”です。

 

脳の伝達物質であるセロトニンは、人が朝目覚めた時に交感神経を刺激します。これで、ズレが生じていた体内時計を一度リセットできるのです。
セロトニンは昼間の活動期には交感神経を刺激し続けますが、夜が近づくにつれて徐々におとなしくなります。セロトニンの働きが弱くなると、交感神経の代わりに副交感神経が優位になります。
その時に分泌されるのが、睡眠ホルモンとも呼ばれる“メラトニン”です。セロトニンは、メラトニンの生成にも欠かせません。

 

このように、セロトニンは自律神経に働きかけ、生体リズムを正常に整えてくれます。ですので、セロトニンが不足すると、不眠症状以外にもイライラや気分の落ち込み、免疫力の低下など、様々な不調を引き起こしてしまうのです。
残念ながら、老化と共にセロトニンが減るとされています。そして、男性よりも女性の方がセロトニン不足になる傾向があるそうです。

 

では、セロトニン不足を回避するには、どうすれば良いのでしょうか?
セロトニンは朝の覚醒時や日中、太陽の光を浴びることで分泌されます。光の変化のない室内で過ごしていると、体内時計のズレは修正されません。セロトニンの働きに、太陽光は欠かせない要素です。

 

そして、セロトニンを増やしてくれる“トリプトファン”を摂ることも重要です。トリプトファンは体内で作ることができないので、食事からの摂取が必須です。トリプトファンを多く含む食品を積極的に食べましょう。

 

さらにリラックス効果もセロトニンを働きを弱くしてくれるためには(副交感神経優位になる為)必要な要素です。湯船やアロマオイル、ハーブティーなどもいいですよね。

 

ですが多忙な場合や、これらをチャレンジしたけど変化がない場合などもあり、辛い不眠症が続いてる場は薬に頼って身体にどのような影響があるかわからない物を当てにするより、まずはサプリメントなどハードルの低い方から実行してみてはいかがでしょうか?

 

 

朝型と夜型

 

動物には日中は休み、夜になると活動するタイプがいます。そのような夜行性の動物は、夜間活動に適応した能力や身体機能をそなえています。

 

さて、人は夜行性ではありません。日中は覚醒し活動的、夜間は休息するという生体リズムを持っています。しかし、早起き体質の“朝型”と夜更かし体質の“夜型”の方がいるのは何故でしょうか。

 

朝型・夜型の体質的な違いには、個人の体内時計が関係しています。体内時計の周期は人それぞれで、朝型の方はこの周期が短く、夜型の方は周期が長い傾向があるそうです。

 

体内時計が24時間よりも短い場合、眠たくなる時間が早く訪れます。そうなれば、早寝そして早起きが比較的簡単にできるでしょう。反対に体内時計が24時間よりも長ければ、眠気の訪れが遅くなります。その結果、中々寝つけず、どんどん就寝時間がズレていくのです。

 

朝型・夜型の違いには、生活習慣も影響してきます。食事を摂る時間が遅いと、その分就寝時間も遅くなります。日々の運動不足は、不眠の要因に数えられます。

 

さらに、眠りには光が大きく作用しています。現代では人工照明のおかげで、昼夜問わず活動できるようになりました。生体が眠るべき時間を判断しにくくなり、「明るくなったら起きる、暗くなったら眠る」という本来の睡眠リズムを保てないのです。
24時間営業の店では何時でも買い物ができ、パソコンやスマホがあれば気軽に連絡が取れます。社会環境においても、夜型になる要素が増えています。

 

寝つきが悪い夜型の方は眠る時間が不規則になる為、睡眠リズムが崩れてしまいがち。眠りも浅くなるので、夜型のリズムでは眠りの質が低下する傾向があります。良質な睡眠がとれないと健康上の不具合も出てきます。ですから、生活習慣のせいで夜型になっている方は、生活リズムを改善して朝型に切り替えることが大事です。

 

しかし、この切り替えるタイミングや環境で睡眠障害の引き金にもなりやすくなります。

 

例えば早番の仕事が遅番に切り替シフト制のお仕事をされている方や、タクシーの運転手のように24時間勤務で一日休む、などの不規則の生活になりやすい仕事などは、本当に辛く睡眠一つでその日体調が変わりかねません!たまにならばいいのでしょうが、そうではないのがお仕事であり、不眠症のキッカケにもなってしまいます。

 

それだけ、睡眠とはバランスが崩れやい性質があるんです。

 

特殊な環境でない限り、できるだけ睡眠のバランスは崩さないように心掛けましょう。

 

更新履歴